パルクレール ニキビケア

お肌のタイプは?

きちんとスキンケアしているつもりなのに、なかなかニキビが治らない・・・
もしかすると、間違ったケアをして、逆効果になっている可能性もあるかもしれません。
お肌の主な肌質は、「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」「乾燥性脂性肌」の4タイプ。
肌質タイプは、生まれ持った遺伝的な要素も関係するものですが、普段の生活習慣も深く関わってきます。
途中で肌質が変わったり、混合肌になったり。
自分の肌質にあったスキンケアをすることが大切です。

 

肌質別のお手入れ方法

乾燥肌

乾燥肌の皮膚は表面のうるおいがなく、柔軟性がなくなりもろくなっています。
乾燥肌の原因は、洗いすぎ、こすりすぎなどで刺激を与えてしまっていること。
タオルでこする、スクラブ洗顔、毛穴パックなどは絶対にNGです。
また、油分やたんぱく質不足です。たんぱく質が不足すると、肌のターンオーバーが崩れがちになってしまいます。
〜乾燥肌のお手入れのポイント〜
保湿成分を配合した化粧水や美容液を使い、乳液もたっぷりつけて保湿してあげることが大切です。。
ほんの少しの刺激も大敵なので、化粧水はやさしく、手でつけましょう。

 

混合肌

部分によってタイプの違う肌の混合肌の 特徴は、「額や鼻筋はテカテカするのにあごや頬は乾燥する」、「洗顔後、部分的につっぱる」、「Tゾーンばかり脂浮きがすごい」、「季節によって肌質が変わる」という点です。
混合肌の原因は、紫外線の対策不足で皮脂が過剰な部分ができてしまうこと。Tゾーンだけべたつく原因の一つは紫外線です。
また、皮脂量が減っているのに皮脂対策をしすぎているというのも原因の一つです。
〜混合肌のお手入れのポイント〜
パーツに合ったスキンケアをすることが大切です。
部分によって肌状態も違うので、乾燥している部分には乳液など多めにつける工夫も。
尚、脂分対策よりも、潤い成分を補給し乾燥を防ぐのが重要になります。

 

脂性肌

ギトギト、てかてかしがちな脂性肌。肌表面の“皮脂量”と“水分量”が多い状態で、毛穴は開きやすく、肌のキメも荒くなり、顔のテカリやベタつきも目につくのが特徴です。
混合肌の原因は、皮脂の主成分となる中性脂肪の取りすぎにあることがありますので、動物性脂肪が多い食品は控えめにしましょう。
また、不規則な生活やストレスなどでホルモンバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌されてしまうことも原因になります。
〜混合肌のお手入れポイント〜
洗顔の時は優しく汚れを取るようにしましょう。ゴシゴシ洗うのは禁物です。
乳液は少なめにし、控えめな保湿をすること。
また、日中は皮脂が浮いてきたらこまめにオフする工夫を。。
その際にも、肌を傷つけないよう、ゆっくり抑えるようにしてください。

 

乾燥性脂性肌

インナードライ肌ともいわれます。お肌の水分量が少ないために、 これ以上の水分蒸発を防ぐために、お肌が一生懸命皮脂を分泌している状態のお肌です。
原因は、表面の乾燥により、皮脂が過剰に分泌されていること。
また、不規則な生活により、細胞のダメージがリセットできずに、未成熟な角質細胞が表面に出てしまっています。
〜乾燥性脂性肌のお手入れポイント〜
肌に保湿力を与える美容液をプラスするとよいです。
肌の内部に水分を保てるようになると、皮脂の過剰分泌が抑えられるので、改善に向かいます。
また、顔のマッサージをして、血行促進もしてみてください。

 

パルクレールのニキビコンシェルジュ

パルクレールは、サポート体制もしっかりとしています。
一般のコールセンターの対応ではなく、パルクレールを開発、販売している会社の社員さん(ニキビコンシェルジュ)がしっかりとサポートしてくれるのもパルクレールの魅力の一つです。
ニキビ・ニキビ跡のお悩みや、スキンケアについては、パルクレールのニキビコンシェルジュへ相談してみてください!